修行と悟り。

1/28から昨日までの三日間、とあるドラマの撮影に参加してきました。
役どころとしてはオーケストラの一員で、全然セリフもないのですが、一日の大半をひたすら硬い木の椅子に座り続けるという、インドの修行僧がしそうな苦行のような、なかなか過酷な現場でした〜。
ただオーケストラメンバーの皆さんはお初の方も多かったのですが、苦難を一緒に乗り越えたおかげで運命共同体のようなある種の絆が芽生えてきてて、今後に繋がるいい出会いになったように思います。

(null)

しかしテレビの制作と言うのは沢山の人が時間、体力、アイディア、情熱、色んなものを注ぎ込んで完成しているんだなと改めて感じましたね。熱中のあまり仕事に支障をきたす時もあるくらいテレビっ子な僕ですが、さらにテレビが好きになりました。いつか劇伴などの制作(作曲)で携われるようになりたいです。これが苦行の後に得た悟りなのかも知れません(笑)

番組情報はまた追ってお知らせしますので、どうぞお楽しみにです!



コメントを残す